ステップメールによるメールマーケティングにチャレンジ!

こんにちは。ようやく春らしい陽気になって、暑い日もあるくらいですね!

やはり冬の寒い時期は筋肉が硬直しやすいので、肩こりや腰痛が出やすいんですよね。

それがこうして温かくなってくると、筋肉の硬直も和らいでくるので、肩こりや腰痛が軽減される人も少なくないでしょう。

冬の間に、体中の筋肉が硬直しないように緩和するには、「トリガーボール」などを使って、床にフロアマットを敷いてピンポイントで筋肉が傷みやすい部分をほぐしてやると、だいぶ軽減されるんです。

たたでさえ痛いところに、ボールを当てて、床の上でグリグリほぐすなんて、尋常ではない痛みなのでは?とお思いの方も少なくないでしょう。

ハイ…確かに痛いです!(笑

でも、これは必要な痛みなのです。痛くても、このように筋肉を緩めておくことで、筋肉が柔らかくなって、肩こりや腰痛が起きづらくなります。そしてこの”グリグリ”も筋肉が緩んでくることになれると、マッサージ程度の心地よさになるんです。

こんな感じで、ちょっとした日々の体のケアで、自宅でも治療できる肩こりや腰痛対策のノウハウって、沢山あるものです。

いま、こうしたノウハウを少しでも肩こりや腰痛で悩む方々のために、メールマガジンでコンテンツ提供をしていこうと考えています。

「自宅で治療できるようになったら、治療院に来なくなるのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、そうではないと私は考えます。

私は肩こり・腰痛治療の専門家として、患者の皆様に少しでも身体が楽になるコンテンツを提供できる。

そして読者の皆様は、その読んだノウハウを実践して、実際に身体が楽になったとする。

こうすると「この先生の言うことを実践してみたら本当に楽になった」と「信頼」が生まれるのです。

もしその方が、その方法では…つまり素人さんの自宅ケアでは治らないくらい症状が重くなれば「治療院でプロに診てもらおう…信頼できるあの先生ならきっと直してくれるだろう」…そんな期待を持って来院に繋がるだろう、という見込みです。

その信頼を勝ち得るためには、まずは読者さんたちに有益な情報を提供する。これが大事だと考えています。

いわばマーケティング活動の一環となるので、メールマガジンだと「メールマーケティング」ということになりますね!

「メールマーケティング」を展開するには、読者のリスト管理や、シナリオ管理など、結構アナログで運用するのは大変だと聞いています。

でも「ステップメール」というツールを使うと、その煩雑さがだいぶ軽減されるみたいです。

「ステップメール」とは、読者の方がたとえばメールアドレス登録ページのフォームからメールアドレスを登録してくれると、自動で登録完了メールが送られて、自分が任意で指定したメールマガジンのコンテンツが、任意で指定した日に自動で配信される。

それも1回きりではなく、何度もメールの自動配信を行うことが可能、ということです。つまり、365日分、メールマガジンのシナリオを登録しておけば、読者さんに毎日配信の日刊メルマガをお送りすることだって可能ということですね!

言ってみれば「ステップメール」とは、「メールマーケティングのオートメーション化」と言っても過言ではないでしょう。

この便利な「ステップメール」にも、様々なブランドがありますが、サイトで比べてみると、「アスメル」というツールが良さそうです。なぜなら、日本初でシナリオ無制限・メールアドレス登録無制限で、つまり配信量が無制限とのこと!しかも月額は固定料金の3,333円とか♪

ユーザーサポートも充実しているらしいので、PCが得意でない方も安心ですね。ステップメール「アスメル」、早速使ってみます!!

商標申請の強い味方!

商標申請について、どこにお願いしようか色々リサーチしています。

「商標申請」と検索するだけで、とてもない数の事務所が検索候補で表示されますからね…。

値段についてもマチマチな印象でした。当然商標申請のコストは、安いに越したことはないのだけれども、

「安いサービスで大丈夫なのか!?」という不安もあるのが本音ですね。

商標は大切な自社サービスの権利であり、知的財産というだけあって、文字通り財産なんです。

やはり値段につられて安い商標申請を依頼して、万一商標が受理されなかったら…そう思うと、値段だけではない、しっかりしたサポートと申請が行える特許事務所・弁理士先生にお願いしたいと考えています。

そこで良さそうな特許事務所を発見しました。埼玉県の浦和で事務所を構えられる原田国際特許商標事務所さんです。

どうやら2017年度の商標申請数が埼玉県でNo.1であったとのこと、そして商標登録査定率が95.3%という数字も掲げられて、素晴らしい実績です。

自分の店舗から、車ですぐなので、相談に向かうのも楽々な強い味方になってくれそうです!

気になる価格ですが…どうやらサービス展開で「着手金ゼロ円」の完全成功報酬型とのこと…これは自身のあらわれだからこそ出来るサービスですね。

商標登録を申請して、万が一その商標が受理されなければ、印紙代のみということなので、とてもリスクが低いと言えます。

「最短で即日の商標申請」を掲げているそのスピード感も頼もしいです。商標申請は“早い者勝ち”ですから、万一ほぼ同時タイミングでタッチの差で早く同じ商標を申請した競合がいれば、

残念ながら大切なサービス名称が他社の商標権に渡ってしまいますからね!

1日でも早く手掛けたい商標申請に、最短即日の商標申請完了はこの上ないスピード対応です!!

これはもう1日も早く商標申請に着手しない手はないので、原田国際特許商標事務所さんに商標申請をご相談してみます。